N建設社長の以下の説明は、含蓄に富む。
「時代が急激に変わっていますから、経営手法や考え方も当然、変わらなければなりませ
ん。建設業はもとより、特にわれわれのような賃貸のアパートやマンションを主力業務と
する者ならば、いまの十歳の子どもがどういう環境で暮らしているかを知る必要がありま
す。なぜなら、あと十年も経てば、彼ら、彼女らが顧客になるからです。そして、ここ十
年単位で彼らを取り巻く住環境がどう変わったかをきちんと把握して、それを建築に反映
しなければならないわけです。今日の賃貸住宅は、むかしに比べれば、いまの子どもは裕
福な暮らしを送っていますから、かなり贅沢な空間を整える必要があります。それがいま
では当たり前になっているわけですね。だから、十年後の需要を喚起できる空間づくりは
必須なんです。広くゆったりした居住空間、セキュリティの確保、インターネット対応な
ど、どれも次代の標準装備になるでしょうね」

男性

 時代の変化を正確にとらえ、さらに十年後の先を視野に収める。これが経営者の視点である。
 しかし、どうしても旧態依然とした考え方や体質から脱皮できない者もいる。ことに建
設業というのは、いまだに談合がまかり通っている業界だから、思っている以上に体質は
古い。このことが背景にあるということは、考えさせられるものがある。
 ともあれ、いまの経営者は、意外にむずかしいポジションにいるのかもしれない。とい
うのも、日本は現在、急激に″変わる”途上にあるからだ。というより、世界中がこの十
年余で大きく様変わりをし、日本も否応なく、その波に飲み込まれつつある。
 また、善し悪しは別にして、この二十世紀から二十一世紀の移行に接した人間は、IT、すなわち情報化社会の浸透に否応なく付き合わされることとなった。十九世紀末を、産業革命で混沌とした節目の時期であったとするならば、さしずめ二十世紀末は情報革命の取っかかりにあったと解釈できるだろう。
 

私は失礼ながら,あまり大阪にオシャレなイメージをもっていませんでした。
ですが,大阪市西区にある堀江エリアは西の表参道といわれるほど,おしゃれなショップや飲食店が豊富に存在します。
自分もオシャレな堀江エリアなら,賃貸物件を借りて住んでみたいと思いました。大阪市西区の賃貸は好条件のものがおおく揃っています。

兵庫県の芦屋市ってどんなイメージを持たれますか?
私のイメージは、大阪と神戸にもアクセスしやすくて,自然も豊かな住みやすいエリアですね。
実際に芦屋川や六甲山が市内にあるので、自然を身近に感じられます。
そんな

芦屋エリアは土地が人気らしいです。新生活を考えている方にピッタリな土地が沢山ありそうですね。

大阪府の中核市の一つとして知られる高槻市。関西地方で住みやすい街ランキングでも2年連続上位という快挙を成し遂げた市でもあります。そんな快適な生活を過ごせる環境であなたも暮らしてみませんか?高槻市では,市を挙げて行政が多様な取り組みをされていますが,その中でも注目して欲しいのが,エコハウス補助金制度です。マイホームをお考えなら,見逃せないサービスです。市が指定するエネルギー機器を設置することが条件ですが,それが地球の温暖化防止策にもなるんです。マイホーム購入がエコにも繫がるなんて。高槻市でマイホームなどの不動産物件を購入したいと思った方は,ネットのウェブサイトから物件探しをスタートしてはいかがでしょうか。高槻市にある不動産物件豊富にご紹介しておりますので,お客様のライフプランにある物件がきっと見つかります。