たとえば、ひと口に「老舗の味」というが、よくよく考えてみていただきたい。百年、
二百年、味も変わらずに(変えずに)人の興趣をそそり、舌に応えつづけられることなど、
本来、あり得ないことなのだ。
 理屈は述べるまでもないだろう。人の味覚は変わるし、時代によって嗜好も変化する。
それは単に、飽きられるのとも違う。
 それはあくまで営業上の戦術であり、意識的につくり上げるイメージ戦略である。これ
は、経営哲学に裏打ちされた企業文化といい換えてもいいだろう。生活文化を取り込んだ
企業のあり方である。

ビル

 もし仮に、目の前に明治時代の商品と現代のものを並べられたら、いまの人はおそらく、
明治期のレシピそのままにつくられたものは、食べられないはずだ。
 しかし、「老舗の味」は厳然としてある。いまもむかしと変わらずに世の中の評価を得
て、人々に受け入れられている。
 これがまさに、一般大衆の生活文化(実感)によって裏打ちされている企業文化である。
つまり、庶民の生活に密着して、その需要に焦点を誤ることなく絞っていれば、経営者が
何代替わろうとも、商品が受け入れられることの証明である。そのために企業(老舗)は、
“表面上はどうあれ、水面下では猛烈な企業努力を重ねて、″味変え″をしているのである。
そうでなければ、五十年も百年も変わることなく、大衆に支持されることなどあり得ない
からだ。

企業文化は変えてはならない。しかし、″変えざるを得ない″ものはある。

 企業は、その文化を守るために、たとえ過酷でも、生産者すら取り替えてしまう。流通
形態も見直し、製造工程から末端の提供動線まで変化させる。そうしたうえで、できるだ
けむかしながらの味に、近似な値を求めつづけるのだ。これが老舗の実体であり、ロング
セラーメニューの実態である。
 わかりやすくするためにいま、″食″の分野から解釈の道筋をつけてみたが、生活文化
のすべてにおいて、この構造は変わらない。というよりも、継続的企業の存在は、こうし
た文化史観から見ていかなければ判断がつかないのだ。
 時代の変化に合わせて経営も変える必要がある。しかし、企業文化は変えてはいけない
ものなのだ。その違いを正確に把握しておかなければ、需要がどこにあるかが見えなくな
ってしまう。空回りをした挙げ句、元も子もなくすこともあるのだ。これが継続的経営視
点というものである。

東京都中央区水天宮前エリアで賃貸物件をお探しですか?
周辺には高グレードな高級なお店も多く,セレブが住むエリアとしても知られています。
ですので,治安も良くて交通のアクセスも良い,とても生活のしやすい地域でもあります。
水天宮前の賃貸物件はおすすめです。

大磯エリアは小さな街のイメージが強いんじゃないでしょうか。
一体感があることや、温もりのある環境で暮らせる街として知られています。こちらで新築一戸建てをて大磯住民の一員になって地域のイベントに参加してはいかがですか?最近ではて大磯の新築一戸建も増えているのでご家族で検討してみてください。

経営者としての収入を考えている方は貸工場での工場経営にチャレンジしてみてはどうでしょうか?今,横浜市の港北区や鶴見区などには是非オススメしたい手頃な価格で得られる貸工場が多数あります。一度、確認して新しい勤め先,または新しい経営の展開に挑戦してみて下さい!